FC2ブログ

Entries

門出の日

        IMG_0269.jpg


3月のあたたかな日に小学校と中学校、それぞれの卒業式がありました。
S__9109513.jpg

学校生活のあの日・あのときを思い出しながら、立派に卒業証書を受け取る子どもたちを見届けることができました。
呼びかけや合唱で涙をながす子どもたちの姿をみて私ももらい泣きしてしまいました。

S__9109515.jpg

S__9109510.jpg

S__9109511.jpg

S__9109514.jpg

晴れやかな笑顔で学校生活の最後の日を迎えた姿をみて、いろんなことがあったけれど、充実したとても良い時間が過ごせたんだろうな、と思いました。

中学生は、卒業式翌日に高校合格が決まり、4月からは高校生です。
4月からの子どもたちがどんな姿を見せてくれるのか、とてもたのしみです。


卒業おめでとう+゚。*(*´∀`*)*。゚+






S__9109516.jpg


主任
スポンサーサイト



今のこと、これからのこと…

先日、高校卒業を機に同仁会子どもホームを巣立っていった先輩たちを招き、在園児に話しをしてもらう会をひらきました。

児童養護施設でくらす子どもたちは、高校卒業と同時に施設をでて「自立する」ことになるのが一般的です。
その間、社会に出ても困らないようなスキルを身につけることや、くらしていくための資金を用意しなければなりません。そして、ひとりになる時間が少ない施設でのくらしから大きく変化することに期待をしつつも、不安を胸に巣立つ子どもたちも少なくありません。

私たち職員も不安を抱いて送り出す、ということもあります。
その後も施設が「頼って良い場所・頼れる場所」になれるようにつながりを大切にしています。

今回、はじめての試みでしたが、4名の卒園生に来てもらって、ホームでの思い出話やこういうことをしていると良かった、等の話や、社会人になってからの良かったことや困ったことなど、時間を忘れてたくさん話してもらいました。まだまだ先のことと思っていた小学生や中学生も真剣に話を聞いていたり、中高生はあと少しで…という思いから質問も聞かれました。

DSC_0305.png

DSC_0310.png

巣立っていった卒園生が元気な様子を見せてくれること、きちんと社会人としてはたらく姿やきちんとした考えを持って、それを表現できること、立派な大人になっていることがとても嬉しく感じる一日にもなりました。

終了後には皆で会食です。とても賑やかな食事の時間になりました。

今度はホームの美味しい手づくりごはんを用意して待っているね。いつでも帰ってきてね。


主任

茨城県北部施設合同研究会 活動報告会 LIVE!

県北施設合同研究会

会場からのLIVEです。

現場職員による自主的研修研究の取り組み、「茨城県北部施設合同研究会」が開催されています。

年間を通して、茨城県の北部地区に設置されている7施設の職員が、自ら学びのテーマを選定し、
職員研修や先進的な取り組みを行う施設への視察などを企画します。
今日は、この合同研究会の今年度最後の活動、平成30年度の「活動報告会」です。

県北施設合同研究会1

写真にあるように、毎年立派な活動報告書を作成するのですが、それだけでなくこうして活動報告会を開いて、
その研修を担当した委員から改めて説明があります。
とても熱心な活動ですが、なんと今年で30年目の活動になるのです。

県北施設合同研究会2

今年と来年は同仁会子どもホームが事務局を務めています。
何より現場で活躍するメンバーが自ら学びを深め合う大変意義ある研究会ですので、
今年度の活動も踏まえながら、
来年度もより一層内容のある研修にしていきたいと思います。


20190304143639b69.jpeg

Appendix

ご訪問ありがとうございます♪

スマホからもアクセス!応援して下さいね♪

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-